接骨院や整骨院、整体院に通われる方の中には、腰の痛みを緩和するために通われている方も少なくありません。
腰に痛みがある場合、どう対処するとよいのでしょうか。
本日は、腰の痛みを緩和するためにできることについてご紹介します。

腰の痛みが起こる原因の特定が第一

腰に痛みが起こる原因はざまざまあり、さまざまな歪みなどが複雑に絡み合って起こる場合もあり、なかなかに原因の特定がむずかしいものです。ですが、原因を知らずに自己流などで対処してしまうとかえってひどくなってしまうこともあります。原因の特定のためにも慎重になる対処することが望ましいです。
まずは、かかりつけの病院や、またはお近くの接骨院や整骨院、整体院などを利用してヒアリングを受け原因について知ることが大切です。

腰の痛みは冷やすのか、温めるのか?

原因にもよりますが、基本的にはあたためることが良いとされています。
また、痛みが強く出ているときには、無理をせず安静にして置くことも重要。
腰の痛みを伴うものとしてよく知られているぎっくり腰などは、治ったかのように見えても再発しやすいものです。痛みが引いたからといって、急激な運動や、荷物を持ち上げるような作業をするのは控えるようにしましょう。
痛みが少し引いてきたら、ゆっくり湯船に使って、体全体を温め巡りを良くすることで、緩和に役立ちます。

腰の痛みは長期に渡って症状が出る場合が多い

初期の対処や原因によっては、痛みが再発しやすい状況になる場合があります。
長期に渡って痛みや違和感が伴う場合に、病院への通院だけでなく、接骨院や整骨院、整体院の利用も併用することで、接骨院や整骨院では、柔道整復師の国家資格をもつプロが、的確な施術を施してくれます。
しっかりとした知識と経験をもっているので施術を受けることで痛みを緩和してくれたり、ゆがみを正し、血行を良くすることで、自然治癒力を高めるサポートをしてくれます。
なかなか治らないようであれば、かかりつけの医師に相談して、利用するか決めると良いでしょう。
身近なところに増えているかと思いますので、接骨院や整骨院、整体院などをぜひ利用してみてくださいね。