皆さんは「テニス肘」って聞いたことありますか?
肘の曲げ伸ばしが最近辛い…手を使うと肘が痛む…掴んで持ち上げる行為が辛いなどそういう症状があったらもしかしたら「テニス肘」かも。
本日は「テニス肘」についてご紹介します。

テニス肘とは?

30~50歳代の方に出てくる肘の痛みで、かならずしもテニスをやっているにでるというわけではなく、重いものを持ったときや家事などで腕を酷使する主婦・主夫の方にもよく見られる症状です。なぜこういった名称で呼ばれているかと言うと、中年以降のテニス愛好によく見られるのでそう呼ばれているようです。
肘の腱が痛むことて起きるものなので、手首を伸ばす働きをする長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋のうち、後者の起始部分が肘の外側で障害がおき痛みが生じると考えられています。

テニス肘の3つのテスト

以下のような3つのテストで簡易的にチェックします。
一度のテストでも、肘の外側から前腕部にかけて痛みが生じたら、テニス肘と判断する場合が多いようです。

Thomsenテスト

肘を前に突き出し伸ばしたまま、他者に手首を上から曲げるように適度に押してもらい、それに逆らい手首を剃る方向に力を入れながら曲げます。

Chairテスト

肘を伸ばし突き出したまま、椅子などある程度重みのあるものを上に持ち上げます。

中指伸展テスト

肘を前に突き出し伸ばしたまま指をまっすぐ伸ばし、他者に中指を上から適度に押してもらいます。このとき、押された指は真っ直ぐを維持するように押す力に逆らって力を入れます。

テニス肘になってしまったら

一番大切なので、肘の痛みがある方の手を安静にすること。
仕事で手を使わざる得ない人もいるかと思いますが、症状が進行して慢性化してしまうと、年単位での施術が必要となることも。
症状が落ち着くまではテニスや他の手を使用することは避けるようにしてくださいね。