若年層でも、老眼のような症状が増えている、ということがメディアで言われています。普通であれば40歳代に入って加齢とともに、眼球の毛様体が衰えたり水晶体が硬くなったりしてピント調節ができなくなってくる、というのが老眼です。

スマホの普及にともなって、手元が見にくい、文字がぼやけるなどのいわゆる「スマホ老眼(すまほろうがん)」が、10代後半から30代あたりの若い世代で急速に増えていると言われています。通学、通勤の電車内でスマホを見ていない人はごく少数派と言えるこの社会は、人間の目にとって相当過酷な環境と言えます。

何故、どう、なるの?

眼でものを見る時には、目の中にある筋肉を使いピントを合わせています。スマホのように目に近いものを長い時間見続けていると、毛様体と呼ばれる筋肉が疲れて凝り固まり、水晶体と呼ばれるレンズの厚みを変える動きが、鈍くなってしまいピント調節がしっかりできなくなるのです。1時間見続けたら1015分は休ませる、遠くの景色を眺める、暖かいおしぼりやアイマスクで目を温めるなど日常できる予防をすることは大変大切です。

なお、スマホが発する強い光は、目に入る光量を制限する光彩筋にも大きな負担がかかるといわれています。

その症状

スマホ老眼には、以下のような症状があります。

・目の疲れ

・目のかすみ

・ピントが合わない

・肩こり、頭痛

予防・改善

スマホ老眼にならないためには「利用自体を控える」のが良いのですが、利用自体を控えるのが難しい場合は、以下の点を心がけてください。

・使用時間を短くする

・まばたきの回数を意識的に増やす

・1時間に10分は休憩する

整骨院では、こうした疲労を軽減するために、目に効くつぼの重点的マッサージ、頭皮からほぐしていく方法、鍼灸、などの眼精疲労回復コースや、姿勢の改善から根本治療するコースなど様々なアプローチで辛い症状に対応することが可能です。

仕事や学習能力の低下、心身のバランス低下など目への影響だけでは済まされないケースも起こっているとのことです。そうなる前にお気軽に整骨院にご相談下さい!